/

この記事は会員限定です

エルニーニョ現象が影響か 世界異常気象

[有料会員限定]

各地の異常気象の原因は、偏西風の大きな蛇行や昨夏から今春まで続いた「エルニーニョ」現象の間接的な影響との見方がある。中国では豪雨が発生したが、東京大学の山形俊男教授は「海水が温まって気象に影響を与える蓄熱効果が働き、インド洋北部の水温が高くなり、湿った風が中国に回り込んだ」ためとみている。パキスタンの洪水にも関係しているという。

エルニーニョ現象とは、太平洋東部熱帯海域の海面水温が通常より高くなる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り215文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン