2019年4月19日(金)

米住宅バブル震源地を歩く 魔法が生んだ悪夢
豊かさの演出に踊る

(1/2ページ)
2013/10/13 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

リーマン・ショックの震源は金融技術の発達で生まれた新しいローン商品だった。米国で低所得者向けに広がった住宅融資「サブプライムローン」。リスクを度外視した融資で膨らんだ住宅バブルが、やがて崩壊。金融システムと経済に深い傷を負わせた。誰もが踊った宴(うたげ)の後始末はついたのか。
債権を奪い合う

2000年代、サブプライム融資競争の最前線だった街を訪ねた。米西部カリフォルニア州リバーサイド郡。郊外の…

危機は去ったか リーマン・ショック5年(シリーズ検証)

「混沌の先 リーマン・ショック5年」 バックナンバーから

未曾有の危機、特集でまとめ読み

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報