/

中国、残ったフジタの高橋さん釈放 きょうにも帰国

【北京=品田卓】中国当局は9日、河北省で軍事管理区域に侵入したとして拘束していたゼネコン(総合建設会社)、フジタの社員、高橋定さん(57)の拘束を19日ぶりに解いた。他人との接触を認めない「居住監視」措置を解除したもので、高橋さんは同日夜、上海に到着した。10日にも帰国する見通し。

高橋さんは先に釈放された3人とは異なり、起訴の可否判断など司法手続きはまだ続いている状態。だが、レアアース(希土類)の対日輸出手続きの遅れと並んで懸案だったフジタ社員拘束問題は解決へと前進した形で、日中関係は修復へと動く可能性がある。

中国国営の新華社によると、高橋さんは日本の保釈に相当する「取保候審」の手続きが取られた。中国の刑事訴訟法56条によると、居住する自治体を原則離れることはできないが、当局が認めれば帰国も可能。

尖閣諸島沖の衝突事件で日本が中国人船長らを逮捕。中国は反発し、日中関係が悪化した。温家宝首相と菅直人首相は4日、ブリュッセルで会い、関係改善の必要性で一致。中国当局は居住監視解除のタイミングを探っていたとみられる。

4人の拘束は中国人船長逮捕への対抗措置との見方も出ていた。高橋さんの拘束日数は船長の17日間を超え、船長も「処分保留」で日本の司法手続きはまだ終わっていない。中国当局は日本の対応とバランスをとっている可能性もある。

フジタ4社員は9月20日、軍事管理区域で機密対象物を違法に撮影したとして拘束された。旧日本軍の遺棄化学兵器処理事業の現地調査時に誤って撮影したもようで、3人は9月30日に釈放された。高橋さんは責任者とされ、携帯電話のメールで同僚に助けを求めたことも響いて拘束が続いたとみられる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン