/

米シティにハッカー攻撃、20万人情報流出の可能性も

英紙報道

【ニューヨーク=西村博之】英フィナンシャル・タイムズ紙(電子版)は9日、米シティグループのコンピューターシステムがハッカー攻撃を受け、顧客情報が流出した可能性があると報じた。同紙の取材に対し、シティグループが事実関係を認めたという。

攻撃を受けたのはシティのオンライン・バンキング・サービスで、顧客の約1%が何らかの影響を受けた。シティの口座を持つ顧客は北米地域に2100万人いるとされ、約20万人に被害が及んだ可能性がある。

流出したのは氏名、口座番号、電子メールのアドレスといった基本的な顧客情報。生年月日や社会保障番号などの流出は確認されていないという。不正侵入は5月上旬の定期検査で発覚したという。

シティは既に捜査当局と接触し、不正探知の手続きも強化した。シティは影響を受けたのはクレジットカードの口座のみだとフィナンシャル・タイムズ紙に説明したというが、同紙はデビットカードの情報も流出した可能性があるとしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン