/

この記事は会員限定です

欧州Inside 強硬サウジ、不法労働者12万人送還 人手不足深刻

ドバイ支局 久門武史

[有料会員限定]

サウジアラビアが「サウダイゼーション」と呼ばれる自国民の雇用促進策を強めている。11月に不法滞在する外国人労働者の一斉摘発に踏み切り、現地報道によると12万6000人を本国に送還した。富裕な産油国を支えてきた出稼ぎ労働者の急減は建設業などを直撃し、一部では生活サービスも停滞。取り締まりへの抗議で衝突も起こり、混乱が出ている。

「違反者には法的地位を正す機会を与えた。規則は厳格に適用する」。ホージャ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1120文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン