/

香港鉄路、純利益22%増 11年12月期

香港鉄路(MTR、香港の地下鉄を運営)が8日発表した2011年12月期決算は、売上高が前の期比13%増の334億2300万香港ドル(約3500億円)、純利益が22%増の147億1600万香港ドルだった。駅に隣接する商業施設からの賃料収入の増加や、不動産開発事業での利益計上が寄与した。地下鉄などの鉄道事業は、利用客の増加や運賃上げで増収だったものの、補修費や人件費の上昇で減益だった。(NQN香港)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン