シリア内戦、連日100人超す死者 政権は手段選ばず

2013/1/9付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【イスタンブール=花房良祐】内戦が続くシリアで、アサド政権が反体制派の武装勢力に対する掃討作戦を継続し、強気の姿勢を崩していない。アサド大統領は6日、新憲法制定などを柱にした独自の「和平案」を提示したが、欧米や反体制派は直ちに拒絶。対話実現は極めて難しい情勢だ。米欧が軍事介入を回避する方針を堅持していることも、リビアで見られたような内戦決着が実現しない一因となっている。

在外人権団体によると、大…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]