中国空軍の戦闘爆撃機、山中に墜落

2011/11/8付
保存
共有
印刷
その他

中国の人民解放軍空軍の戦闘爆撃機が7日夕に浙江省中南部の山中に墜落したことが8日明らかになった。香港の中国人権民主化運動情報センターによると、同機は大破したもようで、墜落直後から大勢の軍人が現場を封鎖し、すぐさま徹底的な清掃が行われた。現場を撮影した周辺住民は兵士に携帯電話を取り上げられ、画像を削除されたという。事故を隠したい軍の姿勢を表しているようだ。

同センターによると、墜落したのは中国国産の「飛豹(殲轟―7)」。同省義烏空港の所属で新型の2人乗りだが、事故機に何人が乗り組んでいたかやその安否は分かっていない。(香港支局)

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]