/

この記事は会員限定です

欧州Inside 日本便は標的、ドイツの空港に「こわもて税関」

ベルリン支局 赤川省吾

[有料会員限定]

日本を飛び立ってドイツの空港に降り立つと、税関職員が待ち構える。その検査の厳格ぶりは、欧州在住の音楽家が所持していたバイオリンが「書類不備」などを口実に相次いで押収されたことで突如、クローズアップされた。だが、これまでに表ざたになった事件は氷山の一角にすぎず、実は数年前から日本人乗客のパソコンやカメラに課税される事例が頻発していた。財政再建を進める独で税務当局が「脱税」に厳しい視線を注ぐようになっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1961文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン