/

S&P、フィリピン国債を格上げ 経済好転で

【マニラ=佐竹実】米格付け大手スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は8日、フィリピンの国債格付けを「トリプルBマイナス」から「トリプルB」に格上げしたと発表した。サービス輸出の増加などを背景とする経常黒字や、外貨準備の多さが評価された。同社は昨年5月、アキノ政権の財政再建策を評価して比国債を投資適格のトリプルBマイナスに格上げしていた。

比では大統領の再選が禁止されているため、2016年の大統領選挙でアキノ政権が終わることをリスクと見る向きがある。だがS&Pは「現政権が進める多様な行政改革路線は、次の政権になっても継続するだろう」と指摘している。

フィリピンは海外出稼ぎ労働者からの送金やコールセンターなどのサービス輸出産業に支えられ、13年の国内総生産(GDP)は7.2%成長した。S&Pなど大手格付け3社は同年、フィリピンを投資適格に格上げしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン