/

この記事は会員限定です

香港でドル連動見直し論議 実体経済とのずれ目立つ

[有料会員限定]

米ドルの信認低下は、香港ドルが米ドルと連動する事実上のペッグ制の見直し論を呼んでいる。制度導入から約30年が経過し、当時に比べ米国経済の影響力が下がる一方、中国を中心とするアジアの経済は急拡大。香港経済の実体とのずれも目立ち始めている。

「1983年(の導入)以来、一貫して有効だ。香港の金融市場の重要な礎で、これを変えることはない」。香港の中央銀行に相当する香港金融管理局(HKMA)の陳徳霖(ノー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り366文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン