2019年2月22日(金)

ロシア極東のガスパイプラインが稼働

2011/9/8付
保存
共有
印刷
その他

ロシア国営ガス会社ガスプロムが極東地域に建設していたガスパイプラインが8日、稼働した。サハリンからハバロフスクを経てウラジオストクに至る全長約1800キロメートルで、当初の輸送能力は年60億立方メートル。日本企業などが出資するサハリン大陸棚開発の天然ガスを調達する。

2012年秋にアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議がウラジオストクで開かれるのに合わせて、極東の一大消費地にガスを供給。将来は輸送能力を引き上げ、アジア太平洋地域への輸出に利用する計画だ。8日のウラジオストクでの稼働式典にはプーチン首相が出席した。(モスクワ=石川陽平)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報