/

台湾HTCの純利益79%減 7~9月、販売減少で

【台北=山下和成】台湾のスマートフォン(高機能携帯電話)大手、宏達国際電子(HTC)が8日発表した2012年7~9月期決算は、純利益が前年同期比79%減の39億台湾ドル(約104億円)だった。売上高は48%減の702億台湾ドルで4四半期連続の減収減益となった。韓国サムスン電子や米アップルとの競争に押され、販売台数が減少する流れに歯止めが掛かっていない。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン