2019年7月19日(金)

中国GDP、地方政府が水増し? 合計が全体上回る

2013/2/7付
保存
共有
印刷
その他

中国の31の直轄市・省・自治区の2012年の域内総生産(GDP)が出そろい、その合計が中国全体の数値を1割上回る結果となった。理論上は同じになるはずが、ここ数年、差は広がるばかり。各地方政府が数値を水増ししていることなどが原因とみられる。

中国のニュースサイト、中国経済網によると、31の地方政府の12年のGDPは合計で57兆7200億元(約866兆円)に達した。国家統計局発表の中国全体のGDP(速報値)の51兆9300億元を1割上回る。金額では約5兆8000億元多いが、この差は年々拡大。10年は3兆5000億元で、11年は4兆6000億元だった。

数値に差が生まれる原因として、GDP成長率が業績評価につながるとして、地方政府が数字をかさ上げしているためとの見方が多い。地方政府間で統計を二重にカウントしたり、統計の未整備で実情を反映しきれないなど統計技術面の原因も指摘されている。(大連=進藤英樹)

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。