「ギリシャのデフォルト、受け入れず」トリシェ総裁

2011/7/8付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ロンドン=松崎雄典】債務危機が深刻なギリシャの国債の信用度に関して、トリシェ総裁は「デフォルト(債務不履行)は受け入れられない」との原則論に終始した。国債を持つ民間の投資家がギリシャの資金繰りのため再投資に応じると、格付け会社からデフォルトとみなされる恐れが出ており、強い口調で懸念を払拭しようとした。

再投資は国債の引き取り手がいなくなったギリシャの救済策の一環で、フランスなどが主張している。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]