2019年7月16日(火)

中国東北部初の原発が商業運転開始

2013/6/7付
保存
共有
印刷
その他

【大連=森安健】中国東北部初の原子力発電所となる遼寧省大連市郊外の紅沿河原子力発電所1号機が7日、商業運転を開始した。出力100万キロワット級で、2015年までに同型の原発を紅沿河に合計4基つくる計画。中国で最も緯度が高い地点の原発のため、循環水の凍結を常時観測する。地震が多い渤海湾周辺での原発建設ラッシュを懸念する声もある。

4基の総投資額は535億元(約8400億円)。4基で遼寧省の消費電力の6分の1を担えるようになる。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。