/

この記事は会員限定です

中国、自由貿易圏づくりで主導権狙う APEC開幕

[有料会員限定]

【バリ(インドネシア)=土居倫之】中国がアジアの自由貿易圏づくりで主導権獲得をうかがい出した。7日に開幕したアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議にオバマ米大統領が欠席し、米国の存在感が低下。中国は韓国と自由貿易協定(FTA)の早期発効で合意し、「朝鮮半島の非核化」でも合意した。中国は米主導の環太平洋経済連携協定(TPP)に強い警戒感を示しており、韓国などアジアを巻き込む形で米国に対抗する。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1138文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン