/

台湾HTC、純利益91%減 10~12月

【台北=山下和成】台湾のスマートフォン大手、宏達国際電子(HTC)が7日発表した2012年10~12月期決算は、純利益が前年同期比91%減の10億台湾ドル(約30億円)だった。売上高は同41%減の600億台湾ドルで、5四半期連続の減収減益。韓国サムスン電子や米アップルとの競争激化で販売シェアや単価が落ち込んだ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン