アジアTrend 「タイ+1」、矢崎総業にみるカンボジアの可能性
バンコク支局 高橋徹

(1/3ページ)
2013/1/8 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「中国+1」の生産基地として期待されるCLM(カンボジア、ラオス、ミャンマー)。民主化改革が始まったミャンマーの陰に隠れ気味だが、カンボジアに対する日系企業の注目もにわかに高まっている。同国の可能性はむしろ「アジアのデトロイト」と呼ばれ自動車工場が集積する、隣国を補完する「タイ+1」にある。

■国境の経済特別区

バンコクから東に車を走らせること5時間。「タイ国土で最も細い地点」と紹介する標識を目に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]