/

この記事は会員限定です

米州Frontline 草原に向かった航空機 米同時テロ、日本人も英雄に

ワシントン支局 中山真

[有料会員限定]

11月の米大統領選の話題で一色になりつつある米国の首都ワシントンの博物館で5月中旬、ブッシュ、クリントン前・元大統領、ベイナー下院議長ら政界関係者総勢約350人が集まる夕食会があった。2001年9月11日の米同時テロでハイジャックされた4機のうち唯一、目的地への突入を阻止した航空機の乗客を追悼するのが目的だ。米政界重鎮に混じって外国人としてただ1人招かれたのが日本代表の藤崎一郎駐米大使だった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1156文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン