/

米ビデオレンタル大手、ブロックバスターが全店閉鎖へ

米ビデオレンタル大手のブロックバスターは全店舗を閉鎖する。営業中の直営店約300店が対象で、来年1月前半に閉鎖を完了する。インターネットを通じた動画配信が主流となり、DVDレンタルの需要が急激に縮小しているため、全店閉鎖に追い込まれた。

同社を傘下に持つ米衛星放送2位ディッシュ・ネットワークが6日発表した。郵送でのDVDレンタル業務も12月中旬をメドに中止する。配送センターは閉鎖する。

ディッシュのジョセフ・クレイトン最高経営責任者(CEO)は「消費者の趣向が(DVDから)デジタル(での配信)に変化しているのは明らかだ」と店舗閉鎖の理由を説明した。ディッシュは「ブロックバスター」のブランド名を活用し、衛星放送やネットを通じた動画配信を手掛けており、今後はデジタル配信事業に注力する。

ブロックバスターは一時、米国でビデオレンタル店チェーン最大手の地位を誇った。店舗を持たずに郵送でDVDを貸し出すネットフリックスなどの新業態に押され、2010年に経営が破綻。11年4月にディッシュが買収した。

(ニューヨーク=清水石珠実)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン