/

電子書籍販売「3強」出そろう グーグルは300万冊

【シリコンバレー=奥平和行】米国で電子書籍を巡る競争が活発になってきた。インターネット検索最大手の米グーグルは6日、同日から米国で電子書籍の販売を始めると発表。インターネット小売り最大手の米アマゾン・ドット・コム、米アップルというIT(情報技術)業界の「三強」が出そろった。消費者には競争の激化により利便性向上などの恩恵がありそうだ。

グーグルは「グーグル・イーブックス」を始めた。著作権切れなどで無料になった書籍を含む300万冊超をそろえ、このうち数十万冊を有償で販売する。新サービスの開始にあたり、約4000社の出版社の協力を得た。

グーグルは専用端末を販売せず、電子書籍はネットの閲覧ソフト(ブラウザー)や高機能携帯電話スマートフォン)に取り込んだ専用ソフトを通じて閲覧する仕組み。ソニーなど他社の専用端末にも対応する。日本や欧州でも準備を進めており、2011年に始める予定だ。

スーパーや空港などで販売する割安なペーパーバックの市場は縮小傾向が続く一方、電子書籍は急速に浸透している。米調査会社のフォレスター・リサーチによると、10年の米国の電子書籍市場は前年比3.2倍の9億6600万ドル(約800億円)の見通し。15年には28億1300万ドルまで拡大する見込みだ。

電子書籍市場は07年にアマゾンが専用端末「キンドル」を発売したのを機に人気に火が付き、ソニーや米書籍販売大手のバーンズ・アンド・ノーブルなどが専用端末やサービスの使い勝手を競ってきた。今春には米アップルが多機能携帯端末「iPad(アイパッド)」の発売に合わせて電子書籍販売に参入した。

アマゾンは自社で販売した電子書籍をアップルの端末でも閲覧できるようにするなど、各社は利用者が一度電子書籍を購入すれば自社の専用端末以外でも閲覧できるようにしている。グーグルもアマゾンのキンドル以外の主要な端末に対応。利用者は使用状況に応じて端末を選ぶことができるようになり、利便性が高まりそうだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン