/

米アップル、次期iPhoneで進むグーグル離れ

新OSから「ユーチューブ」削除

【シリコンバレー=岡田信行】米アップルがスマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)の「iPhone(アイフォーン)」などを動かすOS(基本ソフト)「iOS」の次期版から、米グーグル傘下の動画共有サイト「ユーチューブ」の標準搭載を取りやめることが6日分かった。iPhoneでグーグルのアプリを使うユーザーは多いが、スマホを巡る競合激化で、アプリの面でもアップルの"グーグル離れ"が進んでいる。

開発者向けに次世代OS「iOS6」の試行版が配布され、明らかになった。アップルはユーチューブ削除について「ライセンス契約の終了」を理由に挙げ、「グーグルは別のアプリを開発している」と説明している。

今秋に発売されるiOS6は次世代iPhoneだけでなく、現行機や多機能携帯端末「iPad(アイパッド)」でも一部機種を除き、載せ替えられる。iOS搭載機のユーザーの多くは従来、刷新時にOSを載せ替えてきた。

今秋以降発売されるアップルの携帯端末でユーチューブを利用するには、ブラウザー(インターネット閲覧ソフト)でユーチューブに接続するか、グーグルが用意するアプリを新たに取り込む必要が出てくる。

アップルは長くiPhoneにグーグルの地図などを標準搭載してきたが、グーグルのOS「アンドロイド」を搭載した韓国サムスン電子などの携帯端末メーカーとの競合が激化。グーグルに依存しないアプリ戦略を強めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン