中国の日本企業、貧困脱却支援ビジネス活用 生産移転狙う

2011/10/11付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国の人件費高騰や原料高などに対応するため、より安価な海外拠点を求め発展途上国の貧困層向けの「ボトム(ベース)・オブ・ピラミッド(BOP)」ビジネスの活用を模索する企業がでてきた。これまで中国で調達していた缶詰や緑豆を発展途上国の生産に切り替える。地域貢献と収益性を両立させる考えだ。国際協力機構(JICA)が後押しし、早期のビジネスモデル確立を目指す。

中国で生産した青魚のトマト煮などの缶詰を発…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]