/

法王の元執事に禁錮1年6月 バチカン文書流出、恩赦へ

【ローマ=共同】ローマ法王ベネディクト16世宛ての内部告発文書などがイタリアのメディアに流出した事件で、窃盗罪に問われた法王の元執事パオロ・ガブリエレ被告(46)に対し、バチカンの裁判所は6日、禁錮1年6月(求刑同3年)の判決を言い渡した。バチカン報道官は、同被告には法王が恩赦を与えるだろうと述べた。

先月29日の初公判から約1週間のスピード判決。法王庁内の権力闘争が背景にあるとの見方が飛び交ったが、事件の背景や具体的な犯行動機などは解明されないままの幕切れとなった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン