/

鳥インフル、中国杭州でウズラ食べた後に発症

【上海=菅原透】中国浙江省杭州で鳥インフルエンザウイルス「H7N9型」に感染した患者が発症前にウズラを購入、食べていたことが分かった。6日の新華社電によると、杭州市当局がウズラを販売していた市場を調べたところ、H7N9型ウイルスを検出。同日早朝までに同市場内の生きた鳥を処分した。当局では感染経路について詳しく調べる。

生きた鳥を売る市場のニワトリやハトからH7N9型ウイルスの検出が相次いだ上海では6日、市内全域の関連市場が閉鎖された。中国の通信社、中国新聞社によると、5人が治療中の江蘇省南京でも市政府が同日、市内で生きた鳥の販売を一時停止することを決めた。

上海では6日、新たに2人の感染が確認され、中国での感染者は18人(うち死者は6人)となった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン