2018年7月19日(木)

鳥インフル、中国杭州でウズラ食べた後に発症

2013/4/6付
保存
共有
印刷
その他

 【上海=菅原透】中国浙江省杭州で鳥インフルエンザウイルス「H7N9型」に感染した患者が発症前にウズラを購入、食べていたことが分かった。6日の新華社電によると、杭州市当局がウズラを販売していた市場を調べたところ、H7N9型ウイルスを検出。同日早朝までに同市場内の生きた鳥を処分した。当局では感染経路について詳しく調べる。

 生きた鳥を売る市場のニワトリやハトからH7N9型ウイルスの検出が相次いだ上海では6日、市内全域の関連市場が閉鎖された。中国の通信社、中国新聞社によると、5人が治療中の江蘇省南京でも市政府が同日、市内で生きた鳥の販売を一時停止することを決めた。

 上海では6日、新たに2人の感染が確認され、中国での感染者は18人(うち死者は6人)となった。

保存
共有
印刷
その他


[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報