/

この記事は会員限定です

中国、鳥インフルで報道統制 風評拡大を警戒

[有料会員限定]

【上海=菅原透】鳥インフルエンザウイルスの感染が広がる中国で、当局が報道統制を強めている。当局がメディアに対して独自取材による記事の掲載を控えるよう通達。風評や社会不安の拡大を警戒した措置という。もっとも、鳥インフルは自らの健康にかかわる問題だけに、市民の関心も高い。情報公開を巡って当局のかじ取りも難しさを増している。

関係者によると、メディアを管轄する共産党宣伝部門が、中国国営の新華社通信が配信...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り459文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン