/

この記事は会員限定です

北朝鮮、重要日程相次ぎ緊迫も 金第1書記就任一周年など

[有料会員限定]

【ソウル=小倉健太郎】北朝鮮では週明けから政治的な重要日程が相次ぐため、関係国は警戒を強めている。これまで連日繰り広げてきた国際社会に対する威嚇的な言動をエスカレートさせる可能性があるからだ。北朝鮮は「10日以降、紛争の際には大使館の安全を保証できない」と警告している。

11日に金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の就任一周年を迎える。経済状態が改善しない一方、長距離弾道ミサイルの発射実験は成功する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り205文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン