2019年1月24日(木)

ラトビア首相、財政赤字国制裁に賛成 通貨統合にらむ
ユーロ安定に「ルール必要」

2010/7/8 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ベルリン=赤川省吾】バルト3国のラトビアのヴァルディス・ドンブロウスキス首相が日本経済新聞の取材に応じ、大幅な財政赤字となったユーロ導入国に対する制裁措置を強化することに「賛成する」と述べた。欧州連合(EU)が財政政策でより連携を深めることにも理解を示した。ラトビアは非ユーロ圏だが将来の通貨統合への参加を前提に、欧州各国が通貨ユーロの安定と信認維持を最優先すべきだとの考えを明確にした。

EUは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報