2019年7月21日(日)

自由貿易区、広東なども設立めざす 産業育成迫られる

2014/3/7付
保存
共有
印刷
その他

中国では上海市以外にも、広東省や福建省など沿海部を中心とした各地が自由貿易区の設立をめざしている。これまで沿海部は海外から資本と技術、内陸部から低賃金の労働者を呼び込み、低価格の製品輸出で発展を遂げたが、人件費の上昇で競争力が低下。新たなけん引役となるサービス業やハイテク産業の育成を迫られているからだ。

広東省の胡春華・省共産党委員会書記は5日の会議で「広東省の産業の水準は比較的低いままだが、労働力のコストが上がっている」と表明。自由貿易区の設立などを通して海外の先進企業を呼び込む考えを示した。

5日の遼寧省の会議でも大連の自由貿易区指定を2014年の重点目標とした。

ただ、先頭を走る上海市でやっと具体策が出てきた段階で、中央政府が他の地域にどのような政策を認めるのかは不明だ。広東省の日系企業関係者は「各地で大騒ぎをするわりに肝心の中身が見えない」と当惑する。

(北京=桑原健)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。