/

この記事は会員限定です

米州Frontline TPP 時間との勝負 1月ヤマ場へ走る日米当局

ワシントン支局 矢沢俊樹

[有料会員限定]

日本の環太平洋経済連携協定(TPP)への参加表明を巡って、ワシントンでは2013年1月が大きなヤマ場になるとの臆測が浮上してきた。16日の衆院選を受けて政権の枠組みが刷新された後、年明けにも新首相が訪米し参加表明の意思を伝えるとの見方が背景にある。米議会の険しい空気や日本国内の政治状況から実現は容易でないが、TPPで日本政府がそれだけ余裕を失っていることの裏返しといえそうだ。

11月の日米首脳会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1071文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン