/

ゲイツ氏「寂しい」 ザッカーバーグ氏「師であり友」

ジョブズ氏死去、ライバルが追悼

【ニューヨーク=杉本貴司】スティーブ・ジョブズ氏の死去には各界から哀悼の意を寄せる声が相次いだ。米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ会長は5日、ツイッターで「スティーブと仕事できたことは幸運で、とてつもなくすばらしい(insanely great)光栄だった。とても寂しくなる」と、ジョブズ氏が多用した表現を引用して同氏の死を悼んだ。

米フェイスブック創業者のマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)はフェイスブックで「師であり友でいてくれてありがとう。あなたが作ったものが世界を変えられるということを見せてくれてありがとう」とコメントした。

米CNBCテレビはブルームバーグ米ニューヨーク市長が「今夜、米国はエジソン、アインシュタインと並んで我々の記憶に残るであろう天才を失った」と述べたと伝えた。また、米著名投資家ウォーレン・バフェット氏は「彼は米国のビジネス史上、最もすばらしい経営者であり発明者だった」と語った。

「Steve Jobs,1955-2011」と記載されたグーグルのトップページ(キャプチャー画像)

スマートフォン(高機能携帯電話)などをめぐりアップルと特許訴訟が続いている韓国のサムスン電子は6日、ジョブズ氏の死去に際し「深い弔意と哀悼の意を表す」とする崔志成(チェ・ジソン)副会長兼最高経営責任者(CEO)のコメントを発表した。ジョブズ氏について「世界のIT産業にビジョンを提示し革新を導いた天才的企業家」と評価。「彼の創造的精神と優れた業績は永遠に忘れられないだろう」とたたえた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン