人種差別発言のオーナー追放 NBAが見せた覚悟
米州総局 原真子

(1/2ページ)
2014/5/9 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

プレーオフ真っ最中の4月25日金曜日。米プロバスケットボールリーグ(NBA)、ロサンゼルス・クリッパーズのオーナー、ドナルド・スターリング氏(80)の人種差別発言を録音した音声がタブロイドメディアで流れた。

マグマのようにわき上がった反発。土日を含む3日で調査、29日には処分を発表したNBAの電光石火の動きは、いまだ根深い人種差別問題の転換点になるかもしれない。

音声は隠し撮りのリークだが、状況…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]