韓国紙会長を背任容疑で逮捕

2013/8/6付
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=共同】韓国検察は5日深夜、同国で名門の新聞とされる「韓国日報」の張在九(チャン・ジェグ)会長(65)が同社や関連会社に計約300億ウォン(約27億円)の損害を与えたとする背任容疑などで逮捕した。韓国メディアが伝えた。

韓国日報をめぐっては、編集局員の大半が加入する労働組合が張容疑者を4月に告発。同容疑者は報復として、編集局から労組員の記者を排除して記事を書けないようにし、会社側職員だけで編集作業をするなど、異常な新聞発行を一時続けた。

張容疑者は、会社が持つ不動産関係の権利を独断で売却し、会社に損害を与えたとされた。個人の負債返済が目的だった疑いが持たれているほか、約130億ウォンを横領した疑いもある。ソウルの検察施設で逮捕され拘置所に連行される張容疑者に向かって、数十人の韓国日報記者らが「反省しろ」と叫んだ。

1954年創刊の同紙は、韓国の「四大新聞」の一つとも呼ばれたが、ファミリー経営の末、90年代から経営悪化が伝えられていた。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]