/

この記事は会員限定です

アジアTrend スズキ印工場の暴動関与? 外資に忍び寄る毛派の影

ニューデリー支局 岩城聡

[有料会員限定]

7月18日に発生したスズキのインド子会社、マルチ・スズキの北部ハリヤナ州のマネサール工場で発生した暴動から3週間。いまだ原因は定かではなく、工場再開のメドもたたないままだ。こうしたなか、「極左武装勢力」による犯行説が浮上した。「持てる者と持たざる者」の格差が拡大するこの国で、外資企業全体にその影が忍び寄る。

極左組織、戦闘員2万人

「社会騒乱を狙った極左勢力の犯行としか考えられない」。マルチのバ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1395文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン