イタリア、緊縮後退強まる 中道左派・右派の大連立遠のく

2013/3/6付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

総選挙後の政党間の連立協議が難航しているイタリアで、第3勢力となった新党「五つ星運動」の対応に注目が集まっている。同党は第1勢力の中道左派連合を信任しない方針だが、首相信任投票を欠席し左派連合など少数与党による政権樹立を黙認するとの観測が浮上してきた。中道左派は中道右派連合との「大連立」を否定。いずれにせよ安定政権は望めず、緊縮路線が後退する事態も想定される。

緊縮派の中道左派連合は下院で過半数…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]