中国企業、太陽光パネルで日本など開拓 付加価値向上めざす

2013/6/6付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

欧州との通商摩擦が激しくなるなか、中国の太陽光パネル業界は日本や東南アジアなど通商摩擦が激化する欧米市場以外の市場開拓を急ぐ。今後は付加価値の高いサービス分野で稼ぐモデルをいかに確立するかがカギになりそうだ。

昨年、出荷量ベースで世界トップに躍り出た英利緑色能源(インリーグリーンエナジー、河北省)は5月30日、南アフリカの太陽光発電所向けに9万6千キロワットのモジュール供給契約を結んだ。マレーシ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]