2019年8月20日(火)

日本企業、比セブ島で相次ぎ英会話研修

2012/10/6付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【マニラ=佐竹実】英語を公用語とするフィリピンの中部セブ島で、社員の英語研修をする日本企業が増えている。欧米に比べて研修費用を半分以下に抑えられるのが利点で、旅行会社大手のエイチ・アイ・エス(HIS)などが社員の留学に活用。フィリピン政府も日本などからの語学研修を雇用創出や観光振興につなげる「教育ツーリズム」に力を入れている。

日本大使館によると、セブ島で英語を学ぶ日本人は9月時点で約700人。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。