2019年3月26日(火)

タイ、バンコクなどの非常事態宣言を3カ月延長

2010/10/5付
保存
共有
印刷
その他

【バンコク=高橋徹】タイ政府は5日、首都バンコクとノンタブリ、パトゥムタニ、サムトプラカーンの周辺3県に発令中の非常事態宣言を来年初めまで3カ月間再延長することを決めた。7日に期限を迎えるのに伴う措置。バンコクは爆発事件などが依然頻発。5日夕にもノンタブリ県で起きた爆発で約10人が死傷するなど、治安は再び悪化している。

非常事態宣言はタクシン元首相支持派「反独裁民主統一戦線」(UDD)率いるデモ隊が国会議事堂に乱入した4月7日にバンコクと周辺5県に発令し、最終的に24都県まで拡大。7月7日に期限を延長し、治安情勢をみながら段階的に解除している。

非常事態宣言下では軍が治安維持の主導権を握る。5人以上の集会が禁止され、治安部隊は違反者を令状なしで逮捕できるなど国民の権利が制限される。市民団体や観光業界からは早期解除を求める声が上がっていた。

ただ地元メディアによると5日午後6時(日本時間同8時)ごろ、非常事態宣言の延長が決まったばかりのノンタブリ県の集合住宅で爆発が起き、少なくとも市民3人が死亡した。治安当局は爆弾が仕掛けられていたとみている。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報