/

米国産トウモロコシ、中国が一時輸入停止も

未承認の遺伝子組み換え成分発見

中国が米国産トウモロコシの輸入を一時的に停止する可能性が強まってきた。国家品質監督検査検疫総局は、福建、深圳、山東の3検疫局で新たに中国が承認していない遺伝子組み換え成分を含んだ作物を12万トン発見し、米国に返送を命じたと発表した。11月の6万トンに続く措置。主要港では輸入を差し止め検査を強化しており、米国への新規発注が縮小するとの見方もある。

穀物ウェブサイト中国玉米網の馮利臣総裁は「次々と発覚したのは偶然ではない。全米の農家が夏の雨に備えて害虫に強い組み換え作物を植えたのだろう」と分析し、米国産の輸入が数カ月止まる可能性があるとみる。

輸入トウモロコシは主に家畜の飼料に使われ、今は輸入が集中する時期。畜産農家は価格が高い国産品に切り替えるしかなく、1月の春節(旧正月)を前に豚肉価格の上昇要因になり得る。(大連支局)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン