2018年1月22日(月)

TPPで継続会合開催 9カ国、来年妥結目指す

2011/12/5付
保存
共有
印刷
その他

 【シンガポール=共同】米国、オーストラリアなど環太平洋経済連携協定(TPP)拡大交渉に参加する9カ国は5日、マレーシアの首都クアラルンプールで作業部会による継続会合を開いた。会期は9日までの予定。

 マレーシア通産省は、9カ国は2012年の交渉妥結を目指しているとした上で「(同年)7月が実質的な全分野での合意に向けた重要な節目になる」としている。

 拡大交渉参加9カ国は、これまでに行われた9回の拡大交渉で難航していた分野に限定して集中協議し、早期妥結に向けた環境整備を急ぐ構え。来年の拡大交渉会合の日程なども話し合う。

 日本は正式参加に必要な9カ国の同意が得られていないため今回の会合には参加できないが、現地に経済産業省などの担当者を派遣し、情報収集を行う方針だ。

 今回の会合には、24作業部会のうち関税を扱う市場アクセス、サービス、投資、知的財産権、原産地規則などの作業部会が参加。協定草案をめぐり各国の意見の相違が残る条文などについて合意形成を目指す。

 9カ国は11月に米ハワイのホノルルで首脳会合を開催し、約20分野の協定草案の概要や市場開放の基本原則で「大枠合意」している。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

TPP



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報