/

アップルにサイバー攻撃か アノニマスがユーザー名公表

【シリコンバレー=岡田信行】米アップルのサーバーが「アノニマス」と名のるハッカー集団のサイバー攻撃を受け、ユーザー情報とされるデータを盗まれていた疑いが浮上した。ミニブログツイッター」で、同集団が3日、「アップルから盗んだ」という27のユーザー名とパスワードを公表した。アップルは攻撃の有無を含めて、一切コメントしていない。

アノニマスとされるツイッターのサイトでは、「アップルも攻撃対象となりうるが、心配するな。我々はほかで忙しい」としたうえで、盗んだ情報を公開したサイトのURLを公開。「アンチ・セック」と名付けた攻撃の結果として、27のユーザー名やパスワードとみられる文字列を公開した。

文字列には個人情報につながるようなフルネームは見あたらないが、同集団が攻撃能力を誇示したとみられる。攻撃されたのはアップルがインターネット調査用に使っているとされるサイトで、同サイトは4日現在、接続できない状態となっている。

アノニマスは昨年秋、暴露サイト「ウィキリークス」が米外交公電を公開した際に、同サイトへのサービス提供を取りやめたクレジットカード大手やインターネット関連企業のサイトに攻撃をしかけたほか、チュニジアやエジプトの独裁政権崩壊でも、政権側の反体制派への弾圧に反発し、政権側のシステムを攻撃したことで知られている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン