創論・時論

フォローする

 「創論・時論」は先が読めない時代のヒントを識者と読者、記者が一緒に考えるコーナーです。電子版では各回のテーマにあわせて登録会員を対象とした調査を実施し、結果を紙面と電子版に掲載します。今週(5月12日~5月15日)のテーマは「非正社員はさらに増えるかです。会員でない方はこちらから登録できます。

中国最大の課題は「政治の民主化」38%
創論アンケート

2012/4/8 3:30
保存
共有
印刷
その他

新指導部への移行を控える中国が取り組むべき最大の課題について日本経済新聞電子版の読者に尋ねたところ、「民主的な政治への改革」が38%で最多だった。ほかには「他国との摩擦回避」「所得格差の解消」「安定的な経済成長」がそれぞれ20%前後と回答が割れた。「国民の所得格差も他国との摩擦も、解決には政治の民主化が先決」など一党独裁体制こそ変革の本丸との意見が目立つ。一方「意思決定が早い現体制は経済成長には有利」との声もあった。

今後の日中関係は「変わらない」が53%、「悪くなる」が35%を占めた。「対中政策で筋を通せない日本の対応では変わりようがない」「経済成長とともに傲慢になる中国とは良好な関係を築きにくい」と、双方の外交姿勢を問う声が上がった。

保存
共有
印刷
その他

中国政法大教授と防衛大校長に聞く

中国の政治・経済の動きを深読み

電子版トップ

電子版トップ連載トップ