2019年1月24日(木)

中国、マレーシアと軍事協力強化 首脳会談で合意

2013/10/4付
保存
共有
印刷
その他

【クアラルンプール=吉田渉】中国の習近平国家主席は4日、訪問先のマレーシアで同国のナジブ首相と会談し、軍事も含めた関係強化で合意した。2017年をメドに両国間の貿易総額を現在の7割増にあたる1600億ドル(約15兆5千億円)に引き上げる構想でも一致した。

両首脳は首都近郊の首相官邸で会談後に記者会見し「軍事面での協力を進める」と強調した。具体的な内容は明言しなかったが、習主席は共同軍事演習の可能性にも言及した。両国はこれまで共同演習を実施しておらず、実現すれば両国の安全保障での連携は深まる。

習主席はインドネシアのユドヨノ大統領と2日に会談した際にも軍事協力の強化で合意した。両国は12年に中国本土で特殊部隊の共同演習を行った。今年はインドネシアでも実施するほか、偵察機など軍装備の共同開発も計画している。

インドネシアとマレーシアは、領有権を巡って中国と激しく対立するフィリピンと地理的に近接する。中国がフィリピンの孤立を誘おうとする戦略がうかがえる。中国の台頭を警戒してフィリピンとの連携を強める米国、日本をけん制する狙いもありそうだ。

中国、マレーシア両国は経済関係の強化でも合意した。IT産業以外でも農業やバイオテクノロジーの分野で共同研究などを進める。両国の相互投資も拡大する計画で、ナジブ首相は「中国との関係をさらに深める」と満足げな表情をみせた。

米国のオバマ大統領は政府機能の一部閉鎖を背景に、東南アジア歴訪を見送った。米国のアジア戦略に狂いが見えるなか、中国は東南アジアでの影響力拡大に向けた布石を打っている。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報