/

オーストリア・ハンガリー帝国最後の皇帝の長男が死去

第1次世界大戦まで中欧に広大な領土を有したオーストリア・ハンガリー帝国最後の皇帝の長男で、元欧州議会議員のオットー・フォン・ハプスブルク氏が4日、ドイツ南部ペッキングの自宅で死去した。98歳。同氏のホームページで関係者が明らかにした。死因は不明だが、2年前に階段から落ちて以来、体調が万全ではなかったという。

欧州融合を訴える「汎欧州運動」を唱え、1979年から20年間、欧州議会議員を務めた。

地元メディアによると、12年、オーストリア東部ライヒェナウ生まれ。16年に父親のカール1世が皇帝に即位したことにより、皇太子となった。

帝国は18年、第1次世界大戦の敗戦に伴って崩壊し、皇帝一家はスイスなどで亡命生活を送った。ハプスブルク氏はさらにベルギーや米国などを経て、第2次大戦後、ドイツに定住。7人の子供をもうけた。

ハプスブルク氏の遺体は今月中旬、ウィーンにあるオーストリア・ハンガリー帝国皇帝の納骨所に安置される。(ウィーン=共同)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン