/

豪カンタス、「A380」の運航停止 緊急着陸受け

離陸直後に故障した豪カンタス航空A380機のエンジン部分(4日、チャンギ空港)

離陸直後に故障した豪カンタス航空A380機のエンジン部分(4日、チャンギ空港)

【シドニー=柳迫勇人】オーストラリア航空最大手カンタス航空のアラン・ジョイス最高経営責任者(CEO)は4日午後、シドニー市内で記者会見し、欧州エアバス社製大型機「A380」の使用を一時差し止めると発表した。シンガポール発シドニー行きの同型機が同日、離陸直後にエンジン故障を起こしチャンギ空港に戻り緊急着陸したため。同CEOは事故原因が判明するまで同機の使用を中止するとした。カンタス航空は現在、6機のA380を運航している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン