/

韓国のTPP参加促す USTR代表補

【ワシントン=共同】米通商代表部(USTR)のカトラー代表補は3日、ワシントン市内での討論会で、韓国の環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加について「自然であり論理的だ」と述べ、参加決断を促した。

カトラー氏は、米国と自由貿易協定(FTA)を結ぶ韓国が参加することで、TPPを「極めて高水準で野心的な協定」にすることが可能になると期待した。

日本の参加承認に向けた事前協議については「非常に熱心に作業を続けている」と発言。協議の見通しや難航している分野への言及は避けた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン