2019年8月24日(土)

タブレット主役に 出荷数、16年にノート型逆転
米社予測

2012/7/4付
保存
共有
印刷
その他

【シリコンバレー=岡田信行】米調査会社NPDディスプレイサーチは3日、タブレット(多機能携帯端末)の普及が進み、今のペースだと2016年に出荷台数ベースでノート型パソコン(PC)を追い抜くという予想をまとめた。アップルのタブレット「iPad(アイパッド)」が切り開いたタブレット市場。先進国を中心にノートPCから乗り換える動きが加速し、携帯型のコンピューター市場の主役に躍り出そうだ。

NPDディスプレイサーチによると、12年のタブレットを含む携帯型コンピューター全体の出荷台数見通しは3億4700万台。16年には7億台を超え、17年には8億900万台に伸びる見通しだ。

このうち、従来、携帯型コンピューター市場の主役だったノートPCは12年の2億800万台から17年には3億9300万台に伸びるものの、16年にタブレットに抜かれると予想。17年にはタブレットが4億台を超えて差が広がっていくとみている。

タブレットの人気はアップルが10年に発売したiPadのヒットで火が付いた。シンプルな外観で持ち運びやすく、電源の起動も速い。メールの送受信やインターネット閲覧が簡単で、アプリケーションソフトを取り込んで楽しんだり、映画やゲームなどのコンテンツを楽しむこともできる。

ノートPCの弱点を突いたiPadのヒットで、米グーグルの携帯端末用OS(基本ソフト)「アンドロイド」を搭載したサムスン電子の「ギャラクシータブ」をはじめ、他社も市場に参入。需要を喚起している。

パソコンOSで首位を保ってきた米マイクロソフト(MS)も次世代OS「ウィンドウズ8」ではタブレットにも対応するほか、自ら「8」を搭載したタブレット「サーフェス」を年内に発売。iPadやアンドロイド搭載タブレットと競合する。

大きな画面をもち、様々なアプリケーションソフトを取り込んで使う、汎用性の高いタブレットとは別に、一回り小さな画面をもち、ネット企業が自社のサービスを使いやすいように工夫したタブレットも競合が激しくなりそうだ。米グーグルは「ネクサス7」を発表。アマゾン・ドット・コムの「キンドル・ファイア」と競合する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。