/

米フェイスブック、特許侵害で米ヤフーを逆提訴

【シリコンバレー=奥平和行】交流サイト(SNS)最大手の米フェイスブックは3日、同社の保有する特許10件を侵害しているとして、インターネットサービス大手の米ヤフーを米連邦地裁に提訴した。ヤフーは3月にフェイスブックを訴えており、これへの反訴。フェイスブックは新規株式公開(IPO)を控えており、訴訟の行方に注目が集まっている。

フェイスブックはサンフランシスコ市のカリフォルニア北部地区連邦地裁に訴状を提出。ヤフーが写真共有サイト「フリッカー」やネット広告などに利用している技術が、自社の特許を侵害していると主張。ヤフーによる提訴を無効と判断することや、賠償金の支払いなどを求めている。

経営不振が続くヤフーは3月12日、フェイスブックが自社の特許を侵害しているとして、賠償金などを求める訴えを起こした。ヤフーは2004年、ネット検索最大手の米グーグルが上場する直前に同社を特許侵害で訴え、和解金として3億ドル(約250億円)相当のグーグル株を受け取った経緯がある。

米IT(情報技術)業界を中心にスマートフォン(高機能携帯電話)を巡る特許侵害訴訟が相次いでいるが、急成長するSNSの分野にも飛び火した格好。新興企業は保有する特許が少なく、特許侵害訴訟の対象になりやすいという事情がある。フェイスブックは3月に米IBMから750件の特許を取得している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン