2019年8月20日(火)

iPhoneとiPadの広告費、累計で11億ドル超に

2012/8/5付
保存
共有
印刷
その他

米アップルが高機能携帯電話(スマートフォン)「iPhone(アイフォーン)」と多機能携帯端末(タブレット)「iPad(アイパッド)」の2製品にかけた広告宣伝費が、累計11億ドル(約860億円)超に上ることが分かった。米連邦地裁の韓国サムスン電子との特許訴訟で明らかになった。ロイター通信などが伝えた。

アップルは厳しい情報管理で知られ、製品計画や宣伝戦略などの詳細を開示するのは珍しい。サムスンとの訴訟では、製品開発の舞台裏を明かしたり、真偽を争ったりしており、訴訟の行方とは別に注目を集めている。

アップル側弁護士は米連邦地裁の審理で、2007年発売の「iPhone」の広告宣伝費に約6億4700万ドル、10年発売の「iPad」に4億5700万ドル超をそれぞれ投じたと明示した。サムスンとの訴訟は7月30日に審理が始まり、約1カ月続く予定だ。(シリコンバレー=岡田信行)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。